5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

埼玉県熊谷市 Part.6 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無しさん:2016/12/18(日) 21:39:17.14 ID:jpkOIbul
■関連リンク

熊谷市役所
http://www.city.kumagaya.lg.jp/

駅ビルAZ
http://www.az-kumagaya.com/

ティアラ21
http://tiara21.co.jp/

ニットーモール
http://www.nittohmall.com/

八木橋デパート
http://www.yagihashi.co.jp/

熊谷市wiki
http://wiki.chakuriki.net/index.php/%E7%86%8A%E8%B0%B7%E5%B8%82

■前スレ
埼玉県熊谷市 5
http://shiba.2ch.net/test/read.cgi/kanto/1473840938/


熊谷の「情報」や「各種ネタ」を楽しく語りましょう

2 :名無しさん:2016/12/18(日) 21:39:43.82 ID:jpkOIbul
すまんが立て直させてもらった
仲良くやろーぜ

3 :名無しさん:2016/12/18(日) 21:46:18.01 ID:jpkOIbul
ここって保守必要なんだっけ?

4 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:18:15.25 ID:9rrdOmb9
>>2
サンクス

5 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:18:37.67 ID:9rrdOmb9
>>3
いらないと思うよ

6 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:21:08.39 ID:Mxdd/R9/
>>2
乙です

7 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:28:17.13 ID:ejsLpoQR
前スレの宝くじ詳しい人
いくら位、当たった事あります?


>よく高額が出るのはイトーヨーカー堂だったところ
>ニットの前はそろそろ高額がでそうな雰囲気
>みずほも同じ
>17号の八木橋近くのところはお不動様をお詣りしてから買う人が多い、で、そこそこ
>佐谷田の酒屋?の所はロト ナンバーズで福の神のおばちゃんが居る時に買うとそこそこ
>トイザラスは少額100万円以下がぼつぼつ

8 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:48:02.24 ID:Kwo+VGMp
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

9 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:48:27.68 ID:Kwo+VGMp
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

10 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:48:44.31 ID:Kwo+VGMp
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

11 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:48:59.76 ID:Kwo+VGMp
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

12 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:49:20.35 ID:Kwo+VGMp
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

13 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:49:35.54 ID:Kwo+VGMp
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

14 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:49:50.02 ID:r0xOF88/
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

15 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:50:05.76 ID:27N6fnWH
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

16 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:50:16.52 ID:dqxHCNr4
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

17 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:50:26.81 ID:VzLilheL
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

18 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:50:42.09 ID:G/Wkk/bH
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

19 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:51:00.64 ID:G/Wkk/bH
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

20 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:51:15.36 ID:G/Wkk/bH
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

21 :名無しさん:2016/12/18(日) 22:51:28.02 ID:Kfl3inCS
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

22 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:06:54.86 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

23 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:07:02.53 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

24 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:07:10.19 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

25 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:07:17.62 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

26 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:07:24.95 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

27 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:07:32.10 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

28 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:07:39.53 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けましたい

29 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:07:46.56 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

30 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:07:53.86 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

31 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:08:01.00 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

32 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:08:08.31 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

33 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:08:15.73 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

34 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:08:22.48 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

35 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:08:29.66 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

36 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:08:36.80 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

37 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:08:44.28 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

38 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:08:51.05 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

39 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:08:58.01 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

40 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:09:04.78 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

41 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:09:12.11 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

42 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:09:18.90 ID:M4y2S8Yx
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

43 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:17:45.03 ID:ejsLpoQR


44 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:19:08.46 ID:jpkOIbul
id変えてまで荒らしとは…ご苦労なことだ
また書き込めなくなるだろうから暫くスレ立てやめとくね

45 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/18(日) 23:20:06.71 ID:TAbTsP2A
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

46 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:20:28.05 ID:jpkOIbul
>>43
変なのに目を付けられちゃったみたいだから放置したほうがいいよ
宝くじの話題はまたいつかね

47 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/18(日) 23:20:39.99 ID:TAbTsP2A
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

48 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/18(日) 23:20:55.85 ID:5YbHKxto
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

49 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/18(日) 23:21:08.42 ID:ULslegc9
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

50 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/18(日) 23:21:19.93 ID:uZgaQ9Y2
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

51 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/18(日) 23:21:29.57 ID:rpq90uCj
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

52 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/18(日) 23:21:44.64 ID:qYvqic+O
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

53 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/18(日) 23:26:10.13 ID:qYvqic+O
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

54 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:28:10.66 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

55 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:28:15.70 ID:Vo9KKxnG
背脂が多いとどこの店のラーメンでも下痢するから気にするな
心配なら背脂の入ってないラーメンにしとけ

56 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:28:26.70 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

57 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:28:34.00 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

58 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:28:41.26 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

59 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:28:48.74 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

60 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:28:55.73 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

61 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:29:03.23 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

62 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:29:10.71 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

63 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:29:17.91 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

64 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:29:24.94 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

65 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:29:32.34 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

66 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:29:39.73 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

67 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:29:46.92 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

68 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:29:54.03 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

69 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:30:01.21 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

70 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:30:08.34 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

71 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:30:15.59 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

72 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:30:22.84 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

73 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:30:29.95 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

74 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:30:36.98 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

75 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:30:44.78 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

76 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:30:51.82 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

77 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:30:58.82 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

78 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:31:05.72 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

79 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:31:12.96 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

80 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:31:20.16 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

81 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:31:27.39 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

82 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:31:34.82 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

83 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:31:41.99 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

84 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:31:48.87 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

85 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:31:55.87 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

86 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:32:02.97 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

87 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:32:10.17 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

88 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/18(日) 23:32:16.97 ID:z9+Dbe7U
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

89 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:32:17.22 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

90 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:32:24.33 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

91 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:32:31.09 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

92 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:32:37.87 ID:2AupCD7i
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
)()(((((((()))))()()(()()))))))()(((()(((()(((()))))((()))()(((()())())))
)))(()())()((()))((())))(()(((((())(()()))))()))((()()(((()(()()(())(()))
)((())()(()))())())))(())())(()()(())((()(()((())()())()()()())((((()())(
(())((((())))()()))))()()(()(((((()))))((()))())(())((())(()())((()())(()
)))((()()(((((())(())((()()())()(()))()))((()(())()))))((((()())()()())()
())))(()((((()(()(()()()())()())()())(((()(()()))((()()()(())())()))(()))
((()()))(())(()()(()((())))((()()())())(())(()(())))()()()())(((()))(()()
((()(())((()()))())))((())((((()()((((())()))()()()())))))(((((())))(()))
(()(())()()))))((()))()))((((()())((()()())))))(((())(()())())(((((())()(
((()())))))))(((()(()))(()))(((((((()(()()))()()())))()(()()()))())()((((
(()((((())())()()))(()()))))((()))((((()((()(((()())(()))))))(()(()(())))
()(()((()(())(((()))))(((()()(()()(()))((()()((())()(())))))(())))()())()
())((()((())((()))(()))((()()())))((((()(())))))(()())()()()(()))()(()()(
((()()(((()(())))())()()((())((()(())())))()()(((())())())())())(((()()))
)()((())((())())))()((()()))(((((()))(()((()())(())())))((()))()()))(()((
())))(()((((()(((())(())()(()()((()))()(())((())))(())()()()()()))())(())
())()))(())()()))))()(())((()(())())((())()))()((()()()(((()(())()(()(()(
()(()))(()())))))))(()))(()(()())(((((((()()))))))())()()(((()())(()(((((
)(()()((())()(())())())((((()(((())((()))))(()(()(())(())())()))(()(())))
())(()(()()(((()()())))))))()()(()(()(())))()))((()(((())()())))((())((((
)((()())()))))((()())((()))(((()()())((((((()))()((())())(()))(()(())()))
))((()()()(()()))))(()()())()()(()(())()()())))())((()()()((()(()())()(((
()())((()((())(((()()()))()(()))))))()(()))(((())))()(()((())(())()())(((
()()())))(((()(()))())))())))(((((())()(())))(()()(((()))(()(()((()(())()
(((()))()))))(()(()))((()((()((())((()))())))))())(((()((()(())))))(()(((
))))()(()(()(()())(())))()(()))))))(((()((()()((()(()))(())()(())((())(((

93 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:40:43.73 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

94 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:40:59.84 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

95 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:41:07.20 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

96 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:41:14.51 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

97 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:42:19.11 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

98 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:42:26.51 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

99 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:42:33.78 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

100 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:42:41.18 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

101 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:42:48.93 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

102 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:42:56.22 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

103 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:43:03.82 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

104 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:43:11.19 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

105 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:43:18.52 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

106 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:43:25.51 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

107 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:43:32.61 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

108 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:43:39.59 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

109 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:43:46.68 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

110 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:43:53.82 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

111 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:44:03.20 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

112 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:44:10.35 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

113 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:44:17.22 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

114 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:44:24.62 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

115 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:44:31.56 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

116 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:44:38.38 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

117 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:44:45.36 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

118 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:44:52.47 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

119 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:44:59.41 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

120 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:45:06.42 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

121 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:45:13.50 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

122 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:45:20.06 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

123 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:45:27.71 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

124 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:45:35.04 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

125 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:45:42.00 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

126 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:45:48.91 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

127 :名無しさん:2016/12/18(日) 23:45:55.79 ID:e1OLBgyy
突然のキスに、頭が混乱しました。
しかし、亜佐美は気にもせず、僕の服を脱がしてきました。
「おい・・・亜佐美・・・な、何すんだよ・・・」
すると亜佐美は薄く笑い、「あたし、あなたの事、本気で好きだからね」と言って、またキスをしてきました。
今度は熱いディープキスでした。
キスの最中でも亜佐美は僕の服を脱がすのを止めませんでした。
そして気が付いた時には僕は全裸になっていました。
亜佐美はキスを止め、その口の方向を僕の125mmライフル砲に向け、一気にしゃぶりつきました。
初めてフェラというものを経験しました。
「ん・・・はぁ・・・どぉ?気持ひいい?」
くぐもったエロチックな声が聞こえてきました。
いつもうるさく喋りまくってる亜佐美の声とは思えませんでした。
それと同時に、ふにゃけていた125mmライフル砲がだんだん硬くなっていきました。
「涼・・・興奮してきたの?」
ついに我慢出来なくなり、僕は亜佐美を突き倒し、思いっきり抱きつきました。
亜佐美は全く抵抗しませんでした。
僕が亜佐美の服を脱がすのも手伝ってくれました。ついに僕も亜佐美も全裸になり、亜佐美の秘所が露わになりました。
「涼・・・来て・・・」
僕は我を忘れて亜佐美の秘所にライフル砲を挿入しました。すると、「痛・・痛い!」と鋭い声が聞こえました。
「え?」と聞くと・・・。
「ううん、な、なんでもない」
亜佐美は明らかに慌てていました。(まさか・・・)
「お前、もしかして・・・」
「そ、そんな訳ないじゃない、あたしは・・・」
隠しても無駄でした。更に挿入しようとすると、童貞が言うのもなんですが、ヤリマンとは思えないほどキツイ抵抗がありました。
そして、亜佐美の秘所からは血が出てきました。
亜佐美は処女でした。
「・・・やめようか・・・」
「ダメ!それだけは・・・」
(女の大事な処女を、僕みたいなのが奪っていいのか?)
「もっといい相手がいるはずだ」
「バカ、さっきも言ったでしょ!あたしはあんたの事、好きなんだから。処女とかそういう問題じゃないでしょ!」
そう言い終わるのと同時に、亜佐美がキスをしてきました。
「好きな人に処女捧げることのどこがいけないのよ!」
そして、さっきよりもきつく抱き締められました。
「好きなんだから。お願い、しようよ・・・」
もう止まりませんでした。僕は亜佐美の秘所にライフル砲を一気に挿入しました。亜佐美の顔が苦痛に歪んでいくのが解りました。
しかし、もう後戻りは出来なくなり、せいぜい優しく入れるのがいいところとなっていました。
僕のライフル砲が、根元まで入りました。
「痛いからそっとやってね」
そう頼まれ、ゆっくり腰を動かしました。しかし、ここで思いもよらぬ事が起こりました。余りにも気持ちよすぎて、僕のライフル砲が命令違反を起こし、勝手に発砲したのでした。
(ヤベェ!)と思いましたが、間に合わず、0.5秒後には亜佐美の中に大量の白い液を放ってしまいました。
「あ・・・もう、これだから童貞君は・・・」
「お前だって処女だったんだろうが・・・」
そうは言ったものの、この状態は完全に僕の方が不利でした。またからかわれると思っていたら、「涼、好きだよ・・・」と、僕の耳元で囁きました。
発砲したばかりなのに、僕のライフルはもう元気になっていました。今度こそ、亜佐美を最後までイカせることにしました。
ゆっくり腰を動かし、ライフル砲を入れたり出したりを繰り返していくうちに、亜佐美の秘所からはグチュグチュとエッチな音が聴こえてきました。
「あ・・・恥ずか・・しい・・・」
血の混じった液が、更に増えてきました。僕もだんだん気持ちよくなっていき、動きが乱暴になってきました。
「あっ・・・ああっ・・・いい・・・りょ、涼ぉぉぉ」
亜佐美の声も、苦痛に満ちた声からAV女優みたいな声に変わってきました。
「亜佐美ぃ・・好きだ・・俺・・お前の・・事・・・」
「あっ・・あたしも・・好きぃ・・・あなたの事・・・あっ!」
だんだんとスピードが速くなっていき、とうとうライフル砲が我慢できなくなりました。亜佐美の下半身からも、グチュグチュといやらしい音が聴こえてきます。
「亜佐美・・俺、出る・・出ちゃう・・・」
「来て・・あっ・・中に・・・中に出してぇ」
そして僕は一気に亜佐美の中に白い液体を放った。すごく気持ちよかった。
「好き・・・大好き・・・」
火照った体を重ね合わせながら、僕たちは長い時間抱き合いました。
そして次の日は、亜佐美の両親が旅行で、僕の両親も昨日から北海道に行っていたので、亜佐美の部屋で、今度は出なくなるまでし続けました

128 :名無しさん:2016/12/19(月) 00:04:20.68 ID:9y8nIYjM


129 :名無しさん:2016/12/19(月) 00:32:37.38 ID:Q6CfZslM


130 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/19(月) 02:45:09.09 ID:ELNlrH/P
朝鮮人は、日本人に対して礼儀を尽していた事が有りますか?
朝鮮人は古来ずっと、王朝等の正式文書でも、日本人の事を見下した表現で記述しています。
日本人は、中華大陸の国も朝鮮の国も、正式国名で表記し、その様に言っていましたが、日本人に対してはずっと彼等は見下した言い方でした。
昔の外交でも、朝鮮半島人は日本人に対して、チョッパリ等の蔑称を使っていた人達も居ます。昭和40年代の朝鮮半島系の方によると、「朝鮮」も「韓国」も、共に「日」の漢字が文字の中に入って居て「太陽王」としての地位が有る様な事を仰っていましたよ。
台湾人と日本人は、当時殆どの有色人種の国が植民地支配されていた中で、現地の方々の自律国家経営の為に、教育普及・健康管理・治安維持・環境整備・産業振興・軍事訓練等々の近代国家版を現地の方々自身で出来る様にと支援していました。
朝鮮人は違うのですね。
植民地支配の特徴とは、合併以前から朝鮮人が日本人に対して一方的に遣り続けて来ていた、金品や技術などの強奪・搾取、情報弾圧・強姦・虐殺・詐欺・迫害・機会剥奪、などがある事です。
戦後、朝鮮半島は独立国としての経営維持の為、在日朝鮮人や朝鮮半島系列の所持金や稼いだお金だけでは資金が足りず、
日本人に対して詐欺・ペテンや凶悪犯罪行為で金品や技術等を搾取・強奪し、日本人の取締りの間を潜り抜けてひたすら朝鮮半島に届け続け、朝鮮半島の経営を何とか維持して来ました。
合併反対派トップの伊藤博文を暗殺してまでも、合併しなければ良かったですね。
大韓帝国保護国化後の伊藤博文「合併は甚だ厄介である。韓国は自立を要する…」
李氏朝鮮時代の弾圧者達の虐待や搾取等が強過ぎて、朝鮮人だけじゃ取り締れなかったので、朝鮮を何とか改善したい善良な心を持つ朝鮮人が日本人にも援助を頼んでいたのです。
日本と合併して日本人が協力して李氏朝鮮時代の悪弊を排除しなければ、
★鋸拷問や首枷や当時の世界に名だたる凄まじい拷問が廃止出来なかったかもしれないし、
★人身売買や性奴隷や強姦なども一般的だったかもしれないし、★3割4割は当たり前で10割も有る高利貸業もそのままかもしれないし、
★両班が力尽くで強奪していた庶民の土地もそのまま強奪両班達の物だったかもしれないし
(合併後に調べたら、両班所有地全体の4割近くが強奪地だったので元の正式な持ち主を過去帳で調べて返却させて、
きちっと登録したそうです)(戦後日本で彼等は、李朝時代同様に、日本人に対しても土地を返却させたからと逆恨みして、暴行や虐殺の上強奪して居座っています。
島根県竹島もその一つです。土地・家屋・家宝・権利等を強奪しました。)
★朝鮮人は殆ど全員がハングルをバカにしていたので、ハングルが普及しなかったままだったかもしれませんし(福沢諭吉が、朝鮮人の為に自らの財産でハングル漢字混じり活字を作ってあげたとか)、
★合併前の朝鮮は、一般教育を殆ど遣って居なかった(伊藤博文が普通学校100校程度、朝鮮支援で作って居た)ので、李氏朝鮮のままだったら、現時点での就学率がどうだったか解りませんし、
その他大勢…。
そして<不逞鮮人の汚言葉>でもお読みください。私が、彼等が言うのを直接聞いた、事実です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184245.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184338.html
不逞鮮人「俺達は頭がいい!俺達は不戦勝だ!」その言葉の内容を、御確認下さい。
合併前の日本国政府の見解:「台湾の経営だけで精一杯で、朝鮮までは無理」
日清戦争は、清国は「朝鮮は清国の属国」と主張し、日本は「朝鮮は独立国」との主張で朝鮮独立を懸けて日清戦争を戦いました。
戦後の下関条約第一条の内容は、清国は朝鮮の独立を認めて隷属状態を徐々に排除して行く事、となっています。
朝鮮人は土下座させられていた「迎恩門」を排除し、「独立門」を建てました。
日本国島根県竹島には、清国から日本人が独立させてくれた記念なのか、「独立門岩」と名付けた岩が有るそうです。
日露戦争では南下したロシアの脅威があり、日本人は当時最強のロシア軍と戦いました。
ロシアと日本は、それ以前に樺太の調査をそれぞれに遣って、御互いにほぼ半数の国民が居住して居た事が解り、樺太をちょうど半分個した歴史が有りました。
ロシアは日本に「朝鮮半島半分個」を持ち掛けていましたが、日本人は朝鮮は独立国だとしてそれを辞退していたのです。なので、何とかロシア勢力を朝鮮・満州領土の植民地化防止し、
朝鮮防衛の為に20万人以上の命が失われ、戦没者は靖国神社に合祀されています。そこには閔妃に依頼されて朝鮮支援に行っていた際に、朝鮮王朝の勢力争いや朝鮮内乱に巻き込まれて虐殺された大勢の日本人達も合祀されています。

131 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/19(月) 02:45:42.31 ID:ELNlrH/P
朝鮮人は、日本人に対して礼儀を尽していた事が有りますか?
朝鮮人は古来ずっと、王朝等の正式文書でも、日本人の事を見下した表現で記述しています。
日本人は、中華大陸の国も朝鮮の国も、正式国名で表記し、その様に言っていましたが、日本人に対してはずっと彼等は見下した言い方でした。
昔の外交でも、朝鮮半島人は日本人に対して、チョッパリ等の蔑称を使っていた人達も居ます。昭和40年代の朝鮮半島系の方によると、「朝鮮」も「韓国」も、共に「日」の漢字が文字の中に入って居て「太陽王」としての地位が有る様な事を仰っていましたよ。
台湾人と日本人は、当時殆どの有色人種の国が植民地支配されていた中で、現地の方々の自律国家経営の為に、教育普及・健康管理・治安維持・環境整備・産業振興・軍事訓練等々の近代国家版を現地の方々自身で出来る様にと支援していました。
朝鮮人は違うのですね。
植民地支配の特徴とは、合併以前から朝鮮人が日本人に対して一方的に遣り続けて来ていた、金品や技術などの強奪・搾取、情報弾圧・強姦・虐殺・詐欺・迫害・機会剥奪、などがある事です。
戦後、朝鮮半島は独立国としての経営維持の為、在日朝鮮人や朝鮮半島系列の所持金や稼いだお金だけでは資金が足りず、
日本人に対して詐欺・ペテンや凶悪犯罪行為で金品や技術等を搾取・強奪し、日本人の取締りの間を潜り抜けてひたすら朝鮮半島に届け続け、朝鮮半島の経営を何とか維持して来ました。
合併反対派トップの伊藤博文を暗殺してまでも、合併しなければ良かったですね。
大韓帝国保護国化後の伊藤博文「合併は甚だ厄介である。韓国は自立を要する…」
李氏朝鮮時代の弾圧者達の虐待や搾取等が強過ぎて、朝鮮人だけじゃ取り締れなかったので、朝鮮を何とか改善したい善良な心を持つ朝鮮人が日本人にも援助を頼んでいたのです。
日本と合併して日本人が協力して李氏朝鮮時代の悪弊を排除しなければ、
★鋸拷問や首枷や当時の世界に名だたる凄まじい拷問が廃止出来なかったかもしれないし、
★人身売買や性奴隷や強姦なども一般的だったかもしれないし、★3割4割は当たり前で10割も有る高利貸業もそのままかもしれないし、
★両班が力尽くで強奪していた庶民の土地もそのまま強奪両班達の物だったかもしれないし
(合併後に調べたら、両班所有地全体の4割近くが強奪地だったので元の正式な持ち主を過去帳で調べて返却させて、
きちっと登録したそうです)(戦後日本で彼等は、李朝時代同様に、日本人に対しても土地を返却させたからと逆恨みして、暴行や虐殺の上強奪して居座っています。
島根県竹島もその一つです。土地・家屋・家宝・権利等を強奪しました。)
★朝鮮人は殆ど全員がハングルをバカにしていたので、ハングルが普及しなかったままだったかもしれませんし(福沢諭吉が、朝鮮人の為に自らの財産でハングル漢字混じり活字を作ってあげたとか)、
★合併前の朝鮮は、一般教育を殆ど遣って居なかった(伊藤博文が普通学校100校程度、朝鮮支援で作って居た)ので、李氏朝鮮のままだったら、現時点での就学率がどうだったか解りませんし、
その他大勢…。
そして<不逞鮮人の汚言葉>でもお読みください。私が、彼等が言うのを直接聞いた、事実です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184245.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184338.html
不逞鮮人「俺達は頭がいい!俺達は不戦勝だ!」その言葉の内容を、御確認下さい。
合併前の日本国政府の見解:「台湾の経営だけで精一杯で、朝鮮までは無理」
日清戦争は、清国は「朝鮮は清国の属国」と主張し、日本は「朝鮮は独立国」との主張で朝鮮独立を懸けて日清戦争を戦いました。
戦後の下関条約第一条の内容は、清国は朝鮮の独立を認めて隷属状態を徐々に排除して行く事、となっています。
朝鮮人は土下座させられていた「迎恩門」を排除し、「独立門」を建てました。
日本国島根県竹島には、清国から日本人が独立させてくれた記念なのか、「独立門岩」と名付けた岩が有るそうです。
日露戦争では南下したロシアの脅威があり、日本人は当時最強のロシア軍と戦いました。
ロシアと日本は、それ以前に樺太の調査をそれぞれに遣って、御互いにほぼ半数の国民が居住して居た事が解り、樺太をちょうど半分個した歴史が有りました。
ロシアは日本に「朝鮮半島半分個」を持ち掛けていましたが、日本人は朝鮮は独立国だとしてそれを辞退していたのです。なので、何とかロシア勢力を朝鮮・満州領土の植民地化防止し、
朝鮮防衛の為に20万人以上の命が失われ、戦没者は靖国神社に合祀されています。そこには閔妃に依頼されて朝鮮支援に行っていた際に、朝鮮王朝の勢力争いや朝鮮内乱に巻き込まれて虐殺された大勢の日本人達も合祀されています。

132 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/19(月) 02:48:05.71 ID:ELNlrH/P
朝鮮人は、日本人に対して礼儀を尽していた事が有りますか?
朝鮮人は古来ずっと、王朝等の正式文書でも、日本人の事を見下した表現で記述しています。
日本人は、中華大陸の国も朝鮮の国も、正式国名で表記し、その様に言っていましたが、日本人に対してはずっと彼等は見下した言い方でした。
昔の外交でも、朝鮮半島人は日本人に対して、チョッパリ等の蔑称を使っていた人達も居ます。昭和40年代の朝鮮半島系の方によると、「朝鮮」も「韓国」も、共に「日」の漢字が文字の中に入って居て「太陽王」としての地位が有る様な事を仰っていましたよ。
台湾人と日本人は、当時殆どの有色人種の国が植民地支配されていた中で、現地の方々の自律国家経営の為に、教育普及・健康管理・治安維持・環境整備・産業振興・軍事訓練等々の近代国家版を現地の方々自身で出来る様にと支援していました。
朝鮮人は違うのですね。
植民地支配の特徴とは、合併以前から朝鮮人が日本人に対して一方的に遣り続けて来ていた、金品や技術などの強奪・搾取、情報弾圧・強姦・虐殺・詐欺・迫害・機会剥奪、などがある事です。
戦後、朝鮮半島は独立国としての経営維持の為、在日朝鮮人や朝鮮半島系列の所持金や稼いだお金だけでは資金が足りず、
日本人に対して詐欺・ペテンや凶悪犯罪行為で金品や技術等を搾取・強奪し、日本人の取締りの間を潜り抜けてひたすら朝鮮半島に届け続け、朝鮮半島の経営を何とか維持して来ました。
合併反対派トップの伊藤博文を暗殺してまでも、合併しなければ良かったですね。
大韓帝国保護国化後の伊藤博文「合併は甚だ厄介である。韓国は自立を要する…」
李氏朝鮮時代の弾圧者達の虐待や搾取等が強過ぎて、朝鮮人だけじゃ取り締れなかったので、朝鮮を何とか改善したい善良な心を持つ朝鮮人が日本人にも援助を頼んでいたのです。
日本と合併して日本人が協力して李氏朝鮮時代の悪弊を排除しなければ、
★鋸拷問や首枷や当時の世界に名だたる凄まじい拷問が廃止出来なかったかもしれないし、
★人身売買や性奴隷や強姦なども一般的だったかもしれないし、★3割4割は当たり前で10割も有る高利貸業もそのままかもしれないし、
★両班が力尽くで強奪していた庶民の土地もそのまま強奪両班達の物だったかもしれないし
(合併後に調べたら、両班所有地全体の4割近くが強奪地だったので元の正式な持ち主を過去帳で調べて返却させて、
きちっと登録したそうです)(戦後日本で彼等は、李朝時代同様に、日本人に対しても土地を返却させたからと逆恨みして、暴行や虐殺の上強奪して居座っています。
島根県竹島もその一つです。土地・家屋・家宝・権利等を強奪しました。)
★朝鮮人は殆ど全員がハングルをバカにしていたので、ハングルが普及しなかったままだったかもしれませんし(福沢諭吉が、朝鮮人の為に自らの財産でハングル漢字混じり活字を作ってあげたとか)、
★合併前の朝鮮は、一般教育を殆ど遣って居なかった(伊藤博文が普通学校100校程度、朝鮮支援で作って居た)ので、李氏朝鮮のままだったら、現時点での就学率がどうだったか解りませんし、
その他大勢…。
そして<不逞鮮人の汚言葉>でもお読みください。私が、彼等が言うのを直接聞いた、事実です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184245.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184338.html
不逞鮮人「俺達は頭がいい!俺達は不戦勝だ!」その言葉の内容を、御確認下さい。
合併前の日本国政府の見解:「台湾の経営だけで精一杯で、朝鮮までは無理」
日清戦争は、清国は「朝鮮は清国の属国」と主張し、日本は「朝鮮は独立国」との主張で朝鮮独立を懸けて日清戦争を戦いました。
戦後の下関条約第一条の内容は、清国は朝鮮の独立を認めて隷属状態を徐々に排除して行く事、となっています。
朝鮮人は土下座させられていた「迎恩門」を排除し、「独立門」を建てました。
日本国島根県竹島には、清国から日本人が独立させてくれた記念なのか、「独立門岩」と名付けた岩が有るそうです。
日露戦争では南下したロシアの脅威があり、日本人は当時最強のロシア軍と戦いました。
ロシアと日本は、それ以前に樺太の調査をそれぞれに遣って、御互いにほぼ半数の国民が居住して居た事が解り、樺太をちょうど半分個した歴史が有りました。
ロシアは日本に「朝鮮半島半分個」を持ち掛けていましたが、日本人は朝鮮は独立国だとしてそれを辞退していたのです。なので、何とかロシア勢力を朝鮮・満州領土の植民地化防止し、
朝鮮防衛の為に20万人以上の命が失われ、戦没者は靖国神社に合祀されています。そこには閔妃に依頼されて朝鮮支援に行っていた際に、朝鮮王朝の勢力争いや朝鮮内乱に巻き込まれて虐殺された大勢の日本人達も合祀されています。

133 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/19(月) 02:48:30.00 ID:ELNlrH/P
朝鮮人は、日本人に対して礼儀を尽していた事が有りますか?
朝鮮人は古来ずっと、王朝等の正式文書でも、日本人の事を見下した表現で記述しています。
日本人は、中華大陸の国も朝鮮の国も、正式国名で表記し、その様に言っていましたが、日本人に対してはずっと彼等は見下した言い方でした。
昔の外交でも、朝鮮半島人は日本人に対して、チョッパリ等の蔑称を使っていた人達も居ます。昭和40年代の朝鮮半島系の方によると、「朝鮮」も「韓国」も、共に「日」の漢字が文字の中に入って居て「太陽王」としての地位が有る様な事を仰っていましたよ。
台湾人と日本人は、当時殆どの有色人種の国が植民地支配されていた中で、現地の方々の自律国家経営の為に、教育普及・健康管理・治安維持・環境整備・産業振興・軍事訓練等々の近代国家版を現地の方々自身で出来る様にと支援していました。
朝鮮人は違うのですね。
植民地支配の特徴とは、合併以前から朝鮮人が日本人に対して一方的に遣り続けて来ていた、金品や技術などの強奪・搾取、情報弾圧・強姦・虐殺・詐欺・迫害・機会剥奪、などがある事です。
戦後、朝鮮半島は独立国としての経営維持の為、在日朝鮮人や朝鮮半島系列の所持金や稼いだお金だけでは資金が足りず、
日本人に対して詐欺・ペテンや凶悪犯罪行為で金品や技術等を搾取・強奪し、日本人の取締りの間を潜り抜けてひたすら朝鮮半島に届け続け、朝鮮半島の経営を何とか維持して来ました。
合併反対派トップの伊藤博文を暗殺してまでも、合併しなければ良かったですね。
大韓帝国保護国化後の伊藤博文「合併は甚だ厄介である。韓国は自立を要する…」
李氏朝鮮時代の弾圧者達の虐待や搾取等が強過ぎて、朝鮮人だけじゃ取り締れなかったので、朝鮮を何とか改善したい善良な心を持つ朝鮮人が日本人にも援助を頼んでいたのです。
日本と合併して日本人が協力して李氏朝鮮時代の悪弊を排除しなければ、
★鋸拷問や首枷や当時の世界に名だたる凄まじい拷問が廃止出来なかったかもしれないし、
★人身売買や性奴隷や強姦なども一般的だったかもしれないし、★3割4割は当たり前で10割も有る高利貸業もそのままかもしれないし、
★両班が力尽くで強奪していた庶民の土地もそのまま強奪両班達の物だったかもしれないし
(合併後に調べたら、両班所有地全体の4割近くが強奪地だったので元の正式な持ち主を過去帳で調べて返却させて、
きちっと登録したそうです)(戦後日本で彼等は、李朝時代同様に、日本人に対しても土地を返却させたからと逆恨みして、暴行や虐殺の上強奪して居座っています。
島根県竹島もその一つです。土地・家屋・家宝・権利等を強奪しました。)
★朝鮮人は殆ど全員がハングルをバカにしていたので、ハングルが普及しなかったままだったかもしれませんし(福沢諭吉が、朝鮮人の為に自らの財産でハングル漢字混じり活字を作ってあげたとか)、
★合併前の朝鮮は、一般教育を殆ど遣って居なかった(伊藤博文が普通学校100校程度、朝鮮支援で作って居た)ので、李氏朝鮮のままだったら、現時点での就学率がどうだったか解りませんし、
その他大勢…。
そして<不逞鮮人の汚言葉>でもお読みください。私が、彼等が言うのを直接聞いた、事実です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184245.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184338.html
不逞鮮人「俺達は頭がいい!俺達は不戦勝だ!」その言葉の内容を、御確認下さい。
合併前の日本国政府の見解:「台湾の経営だけで精一杯で、朝鮮までは無理」
日清戦争は、清国は「朝鮮は清国の属国」と主張し、日本は「朝鮮は独立国」との主張で朝鮮独立を懸けて日清戦争を戦いました。
戦後の下関条約第一条の内容は、清国は朝鮮の独立を認めて隷属状態を徐々に排除して行く事、となっています。
朝鮮人は土下座させられていた「迎恩門」を排除し、「独立門」を建てました。
日本国島根県竹島には、清国から日本人が独立させてくれた記念なのか、「独立門岩」と名付けた岩が有るそうです。
日露戦争では南下したロシアの脅威があり、日本人は当時最強のロシア軍と戦いました。
ロシアと日本は、それ以前に樺太の調査をそれぞれに遣って、御互いにほぼ半数の国民が居住して居た事が解り、樺太をちょうど半分個した歴史が有りました。
ロシアは日本に「朝鮮半島半分個」を持ち掛けていましたが、日本人は朝鮮は独立国だとしてそれを辞退していたのです。なので、何とかロシア勢力を朝鮮・満州領土の植民地化防止し、
朝鮮防衛の為に20万人以上の命が失われ、戦没者は靖国神社に合祀されています。そこには閔妃に依頼されて朝鮮支援に行っていた際に、朝鮮王朝の勢力争いや朝鮮内乱に巻き込まれて虐殺された大勢の日本人達も合祀されています。

134 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/19(月) 02:48:43.65 ID:CMwwmBKh
朝鮮人は、日本人に対して礼儀を尽していた事が有りますか?
朝鮮人は古来ずっと、王朝等の正式文書でも、日本人の事を見下した表現で記述しています。
日本人は、中華大陸の国も朝鮮の国も、正式国名で表記し、その様に言っていましたが、日本人に対してはずっと彼等は見下した言い方でした。
昔の外交でも、朝鮮半島人は日本人に対して、チョッパリ等の蔑称を使っていた人達も居ます。昭和40年代の朝鮮半島系の方によると、「朝鮮」も「韓国」も、共に「日」の漢字が文字の中に入って居て「太陽王」としての地位が有る様な事を仰っていましたよ。
台湾人と日本人は、当時殆どの有色人種の国が植民地支配されていた中で、現地の方々の自律国家経営の為に、教育普及・健康管理・治安維持・環境整備・産業振興・軍事訓練等々の近代国家版を現地の方々自身で出来る様にと支援していました。
朝鮮人は違うのですね。
植民地支配の特徴とは、合併以前から朝鮮人が日本人に対して一方的に遣り続けて来ていた、金品や技術などの強奪・搾取、情報弾圧・強姦・虐殺・詐欺・迫害・機会剥奪、などがある事です。
戦後、朝鮮半島は独立国としての経営維持の為、在日朝鮮人や朝鮮半島系列の所持金や稼いだお金だけでは資金が足りず、
日本人に対して詐欺・ペテンや凶悪犯罪行為で金品や技術等を搾取・強奪し、日本人の取締りの間を潜り抜けてひたすら朝鮮半島に届け続け、朝鮮半島の経営を何とか維持して来ました。
合併反対派トップの伊藤博文を暗殺してまでも、合併しなければ良かったですね。
大韓帝国保護国化後の伊藤博文「合併は甚だ厄介である。韓国は自立を要する…」
李氏朝鮮時代の弾圧者達の虐待や搾取等が強過ぎて、朝鮮人だけじゃ取り締れなかったので、朝鮮を何とか改善したい善良な心を持つ朝鮮人が日本人にも援助を頼んでいたのです。
日本と合併して日本人が協力して李氏朝鮮時代の悪弊を排除しなければ、
★鋸拷問や首枷や当時の世界に名だたる凄まじい拷問が廃止出来なかったかもしれないし、
★人身売買や性奴隷や強姦なども一般的だったかもしれないし、★3割4割は当たり前で10割も有る高利貸業もそのままかもしれないし、
★両班が力尽くで強奪していた庶民の土地もそのまま強奪両班達の物だったかもしれないし
(合併後に調べたら、両班所有地全体の4割近くが強奪地だったので元の正式な持ち主を過去帳で調べて返却させて、
きちっと登録したそうです)(戦後日本で彼等は、李朝時代同様に、日本人に対しても土地を返却させたからと逆恨みして、暴行や虐殺の上強奪して居座っています。
島根県竹島もその一つです。土地・家屋・家宝・権利等を強奪しました。)
★朝鮮人は殆ど全員がハングルをバカにしていたので、ハングルが普及しなかったままだったかもしれませんし(福沢諭吉が、朝鮮人の為に自らの財産でハングル漢字混じり活字を作ってあげたとか)、
★合併前の朝鮮は、一般教育を殆ど遣って居なかった(伊藤博文が普通学校100校程度、朝鮮支援で作って居た)ので、李氏朝鮮のままだったら、現時点での就学率がどうだったか解りませんし、
その他大勢…。
そして<不逞鮮人の汚言葉>でもお読みください。私が、彼等が言うのを直接聞いた、事実です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184245.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184338.html
不逞鮮人「俺達は頭がいい!俺達は不戦勝だ!」その言葉の内容を、御確認下さい。
合併前の日本国政府の見解:「台湾の経営だけで精一杯で、朝鮮までは無理」
日清戦争は、清国は「朝鮮は清国の属国」と主張し、日本は「朝鮮は独立国」との主張で朝鮮独立を懸けて日清戦争を戦いました。
戦後の下関条約第一条の内容は、清国は朝鮮の独立を認めて隷属状態を徐々に排除して行く事、となっています。
朝鮮人は土下座させられていた「迎恩門」を排除し、「独立門」を建てました。
日本国島根県竹島には、清国から日本人が独立させてくれた記念なのか、「独立門岩」と名付けた岩が有るそうです。
日露戦争では南下したロシアの脅威があり、日本人は当時最強のロシア軍と戦いました。
ロシアと日本は、それ以前に樺太の調査をそれぞれに遣って、御互いにほぼ半数の国民が居住して居た事が解り、樺太をちょうど半分個した歴史が有りました。
ロシアは日本に「朝鮮半島半分個」を持ち掛けていましたが、日本人は朝鮮は独立国だとしてそれを辞退していたのです。なので、何とかロシア勢力を朝鮮・満州領土の植民地化防止し、
朝鮮防衛の為に20万人以上の命が失われ、戦没者は靖国神社に合祀されています。そこには閔妃に依頼されて朝鮮支援に行っていた際に、朝鮮王朝の勢力争いや朝鮮内乱に巻き込まれて虐殺された大勢の日本人達も合祀されています。

135 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/19(月) 02:49:00.90 ID:CMwwmBKh
朝鮮人は、日本人に対して礼儀を尽していた事が有りますか?
朝鮮人は古来ずっと、王朝等の正式文書でも、日本人の事を見下した表現で記述しています。
日本人は、中華大陸の国も朝鮮の国も、正式国名で表記し、その様に言っていましたが、日本人に対してはずっと彼等は見下した言い方でした。
昔の外交でも、朝鮮半島人は日本人に対して、チョッパリ等の蔑称を使っていた人達も居ます。昭和40年代の朝鮮半島系の方によると、「朝鮮」も「韓国」も、共に「日」の漢字が文字の中に入って居て「太陽王」としての地位が有る様な事を仰っていましたよ。
台湾人と日本人は、当時殆どの有色人種の国が植民地支配されていた中で、現地の方々の自律国家経営の為に、教育普及・健康管理・治安維持・環境整備・産業振興・軍事訓練等々の近代国家版を現地の方々自身で出来る様にと支援していました。
朝鮮人は違うのですね。
植民地支配の特徴とは、合併以前から朝鮮人が日本人に対して一方的に遣り続けて来ていた、金品や技術などの強奪・搾取、情報弾圧・強姦・虐殺・詐欺・迫害・機会剥奪、などがある事です。
戦後、朝鮮半島は独立国としての経営維持の為、在日朝鮮人や朝鮮半島系列の所持金や稼いだお金だけでは資金が足りず、
日本人に対して詐欺・ペテンや凶悪犯罪行為で金品や技術等を搾取・強奪し、日本人の取締りの間を潜り抜けてひたすら朝鮮半島に届け続け、朝鮮半島の経営を何とか維持して来ました。
合併反対派トップの伊藤博文を暗殺してまでも、合併しなければ良かったですね。
大韓帝国保護国化後の伊藤博文「合併は甚だ厄介である。韓国は自立を要する…」
李氏朝鮮時代の弾圧者達の虐待や搾取等が強過ぎて、朝鮮人だけじゃ取り締れなかったので、朝鮮を何とか改善したい善良な心を持つ朝鮮人が日本人にも援助を頼んでいたのです。
日本と合併して日本人が協力して李氏朝鮮時代の悪弊を排除しなければ、
★鋸拷問や首枷や当時の世界に名だたる凄まじい拷問が廃止出来なかったかもしれないし、
★人身売買や性奴隷や強姦なども一般的だったかもしれないし、★3割4割は当たり前で10割も有る高利貸業もそのままかもしれないし、
★両班が力尽くで強奪していた庶民の土地もそのまま強奪両班達の物だったかもしれないし
(合併後に調べたら、両班所有地全体の4割近くが強奪地だったので元の正式な持ち主を過去帳で調べて返却させて、
きちっと登録したそうです)(戦後日本で彼等は、李朝時代同様に、日本人に対しても土地を返却させたからと逆恨みして、暴行や虐殺の上強奪して居座っています。
島根県竹島もその一つです。土地・家屋・家宝・権利等を強奪しました。)
★朝鮮人は殆ど全員がハングルをバカにしていたので、ハングルが普及しなかったままだったかもしれませんし(福沢諭吉が、朝鮮人の為に自らの財産でハングル漢字混じり活字を作ってあげたとか)、
★合併前の朝鮮は、一般教育を殆ど遣って居なかった(伊藤博文が普通学校100校程度、朝鮮支援で作って居た)ので、李氏朝鮮のままだったら、現時点での就学率がどうだったか解りませんし、
その他大勢…。
そして<不逞鮮人の汚言葉>でもお読みください。私が、彼等が言うのを直接聞いた、事実です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184245.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184338.html
不逞鮮人「俺達は頭がいい!俺達は不戦勝だ!」その言葉の内容を、御確認下さい。
合併前の日本国政府の見解:「台湾の経営だけで精一杯で、朝鮮までは無理」
日清戦争は、清国は「朝鮮は清国の属国」と主張し、日本は「朝鮮は独立国」との主張で朝鮮独立を懸けて日清戦争を戦いました。
戦後の下関条約第一条の内容は、清国は朝鮮の独立を認めて隷属状態を徐々に排除して行く事、となっています。
朝鮮人は土下座させられていた「迎恩門」を排除し、「独立門」を建てました。
日本国島根県竹島には、清国から日本人が独立させてくれた記念なのか、「独立門岩」と名付けた岩が有るそうです。
日露戦争では南下したロシアの脅威があり、日本人は当時最強のロシア軍と戦いました。
ロシアと日本は、それ以前に樺太の調査をそれぞれに遣って、御互いにほぼ半数の国民が居住して居た事が解り、樺太をちょうど半分個した歴史が有りました。
ロシアは日本に「朝鮮半島半分個」を持ち掛けていましたが、日本人は朝鮮は独立国だとしてそれを辞退していたのです。なので、何とかロシア勢力を朝鮮・満州領土の植民地化防止し、
朝鮮防衛の為に20万人以上の命が失われ、戦没者は靖国神社に合祀されています。そこには閔妃に依頼されて朝鮮支援に行っていた際に、朝鮮王朝の勢力争いや朝鮮内乱に巻き込まれて虐殺された大勢の日本人達も合祀されています。

136 :もっと煽れよクズwwww:2016/12/19(月) 02:55:44.02 ID:CMwwmBKh
朝鮮人は、日本人に対して礼儀を尽していた事が有りますか?
朝鮮人は古来ずっと、王朝等の正式文書でも、日本人の事を見下した表現で記述しています。
日本人は、中華大陸の国も朝鮮の国も、正式国名で表記し、その様に言っていましたが、日本人に対してはずっと彼等は見下した言い方でした。
昔の外交でも、朝鮮半島人は日本人に対して、チョッパリ等の蔑称を使っていた人達も居ます。昭和40年代の朝鮮半島系の方によると、「朝鮮」も「韓国」も、共に「日」の漢字が文字の中に入って居て「太陽王」としての地位が有る様な事を仰っていましたよ。
台湾人と日本人は、当時殆どの有色人種の国が植民地支配されていた中で、現地の方々の自律国家経営の為に、教育普及・健康管理・治安維持・環境整備・産業振興・軍事訓練等々の近代国家版を現地の方々自身で出来る様にと支援していました。
朝鮮人は違うのですね。
植民地支配の特徴とは、合併以前から朝鮮人が日本人に対して一方的に遣り続けて来ていた、金品や技術などの強奪・搾取、情報弾圧・強姦・虐殺・詐欺・迫害・機会剥奪、などがある事です。
戦後、朝鮮半島は独立国としての経営維持の為、在日朝鮮人や朝鮮半島系列の所持金や稼いだお金だけでは資金が足りず、
日本人に対して詐欺・ペテンや凶悪犯罪行為で金品や技術等を搾取・強奪し、日本人の取締りの間を潜り抜けてひたすら朝鮮半島に届け続け、朝鮮半島の経営を何とか維持して来ました。
合併反対派トップの伊藤博文を暗殺してまでも、合併しなければ良かったですね。
大韓帝国保護国化後の伊藤博文「合併は甚だ厄介である。韓国は自立を要する…」
李氏朝鮮時代の弾圧者達の虐待や搾取等が強過ぎて、朝鮮人だけじゃ取り締れなかったので、朝鮮を何とか改善したい善良な心を持つ朝鮮人が日本人にも援助を頼んでいたのです。
日本と合併して日本人が協力して李氏朝鮮時代の悪弊を排除しなければ、
★鋸拷問や首枷や当時の世界に名だたる凄まじい拷問が廃止出来なかったかもしれないし、
★人身売買や性奴隷や強姦なども一般的だったかもしれないし、★3割4割は当たり前で10割も有る高利貸業もそのままかもしれないし、
★両班が力尽くで強奪していた庶民の土地もそのまま強奪両班達の物だったかもしれないし
(合併後に調べたら、両班所有地全体の4割近くが強奪地だったので元の正式な持ち主を過去帳で調べて返却させて、
きちっと登録したそうです)(戦後日本で彼等は、李朝時代同様に、日本人に対しても土地を返却させたからと逆恨みして、暴行や虐殺の上強奪して居座っています。
島根県竹島もその一つです。土地・家屋・家宝・権利等を強奪しました。)
★朝鮮人は殆ど全員がハングルをバカにしていたので、ハングルが普及しなかったままだったかもしれませんし(福沢諭吉が、朝鮮人の為に自らの財産でハングル漢字混じり活字を作ってあげたとか)、
★合併前の朝鮮は、一般教育を殆ど遣って居なかった(伊藤博文が普通学校100校程度、朝鮮支援で作って居た)ので、李氏朝鮮のままだったら、現時点での就学率がどうだったか解りませんし、
その他大勢…。
そして<不逞鮮人の汚言葉>でもお読みください。私が、彼等が言うのを直接聞いた、事実です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184245.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184338.html
不逞鮮人「俺達は頭がいい!俺達は不戦勝だ!」その言葉の内容を、御確認下さい。
合併前の日本国政府の見解:「台湾の経営だけで精一杯で、朝鮮までは無理」
日清戦争は、清国は「朝鮮は清国の属国」と主張し、日本は「朝鮮は独立国」との主張で朝鮮独立を懸けて日清戦争を戦いました。
戦後の下関条約第一条の内容は、清国は朝鮮の独立を認めて隷属状態を徐々に排除して行く事、となっています。
朝鮮人は土下座させられていた「迎恩門」を排除し、「独立門」を建てました。
日本国島根県竹島には、清国から日本人が独立させてくれた記念なのか、「独立門岩」と名付けた岩が有るそうです。
日露戦争では南下したロシアの脅威があり、日本人は当時最強のロシア軍と戦いました。
ロシアと日本は、それ以前に樺太の調査をそれぞれに遣って、御互いにほぼ半数の国民が居住して居た事が解り、樺太をちょうど半分個した歴史が有りました。
ロシアは日本に「朝鮮半島半分個」を持ち掛けていましたが、日本人は朝鮮は独立国だとしてそれを辞退していたのです。なので、何とかロシア勢力を朝鮮・満州領土の植民地化防止し、
朝鮮防衛の為に20万人以上の命が失われ、戦没者は靖国神社に合祀されています。そこには閔妃に依頼されて朝鮮支援に行っていた際に、朝鮮王朝の勢力争いや朝鮮内乱に巻き込まれて虐殺された大勢の日本人達も合祀されています。

137 :名無しさん:2016/12/19(月) 03:57:50.32 ID:ZUyltOft


138 :名無しさん:2016/12/19(月) 07:32:49.90 ID:M77rFV6e
朝鮮人は、日本人に対して礼儀を尽していた事が有りますか?
朝鮮人は古来ずっと、王朝等の正式文書でも、日本人の事を見下した表現で記述しています。
日本人は、中華大陸の国も朝鮮の国も、正式国名で表記し、その様に言っていましたが、日本人に対してはずっと彼等は見下した言い方でした。
昔の外交でも、朝鮮半島人は日本人に対して、チョッパリ等の蔑称を使っていた人達も居ます。昭和40年代の朝鮮半島系の方によると、「朝鮮」も「韓国」も、共に「日」の漢字が文字の中に入って居て「太陽王」としての地位が有る様な事を仰っていましたよ。
台湾人と日本人は、当時殆どの有色人種の国が植民地支配されていた中で、現地の方々の自律国家経営の為に、教育普及・健康管理・治安維持・環境整備・産業振興・軍事訓練等々の近代国家版を現地の方々自身で出来る様にと支援していました。
朝鮮人は違うのですね。
植民地支配の特徴とは、合併以前から朝鮮人が日本人に対して一方的に遣り続けて来ていた、金品や技術などの強奪・搾取、情報弾圧・強姦・虐殺・詐欺・迫害・機会剥奪、などがある事です。
戦後、朝鮮半島は独立国としての経営維持の為、在日朝鮮人や朝鮮半島系列の所持金や稼いだお金だけでは資金が足りず、
日本人に対して詐欺・ペテンや凶悪犯罪行為で金品や技術等を搾取・強奪し、日本人の取締りの間を潜り抜けてひたすら朝鮮半島に届け続け、朝鮮半島の経営を何とか維持して来ました。
合併反対派トップの伊藤博文を暗殺してまでも、合併しなければ良かったですね。
大韓帝国保護国化後の伊藤博文「合併は甚だ厄介である。韓国は自立を要する…」
李氏朝鮮時代の弾圧者達の虐待や搾取等が強過ぎて、朝鮮人だけじゃ取り締れなかったので、朝鮮を何とか改善したい善良な心を持つ朝鮮人が日本人にも援助を頼んでいたのです。
日本と合併して日本人が協力して李氏朝鮮時代の悪弊を排除しなければ、
★鋸拷問や首枷や当時の世界に名だたる凄まじい拷問が廃止出来なかったかもしれないし、
★人身売買や性奴隷や強姦なども一般的だったかもしれないし、★3割4割は当たり前で10割も有る高利貸業もそのままかもしれないし、
★両班が力尽くで強奪していた庶民の土地もそのまま強奪両班達の物だったかもしれないし
(合併後に調べたら、両班所有地全体の4割近くが強奪地だったので元の正式な持ち主を過去帳で調べて返却させて、
きちっと登録したそうです)(戦後日本で彼等は、李朝時代同様に、日本人に対しても土地を返却させたからと逆恨みして、暴行や虐殺の上強奪して居座っています。
島根県竹島もその一つです。土地・家屋・家宝・権利等を強奪しました。)
★朝鮮人は殆ど全員がハングルをバカにしていたので、ハングルが普及しなかったままだったかもしれませんし(福沢諭吉が、朝鮮人の為に自らの財産でハングル漢字混じり活字を作ってあげたとか)、
★合併前の朝鮮は、一般教育を殆ど遣って居なかった(伊藤博文が普通学校100校程度、朝鮮支援で作って居た)ので、李氏朝鮮のままだったら、現時点での就学率がどうだったか解りませんし、
その他大勢…。
そして<不逞鮮人の汚言葉>でもお読みください。私が、彼等が言うのを直接聞いた、事実です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184245.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184338.html
不逞鮮人「俺達は頭がいい!俺達は不戦勝だ!」その言葉の内容を、御確認下さい。
合併前の日本国政府の見解:「台湾の経営だけで精一杯で、朝鮮までは無理」
日清戦争は、清国は「朝鮮は清国の属国」と主張し、日本は「朝鮮は独立国」との主張で朝鮮独立を懸けて日清戦争を戦いました。
戦後の下関条約第一条の内容は、清国は朝鮮の独立を認めて隷属状態を徐々に排除して行く事、となっています。
朝鮮人は土下座させられていた「迎恩門」を排除し、「独立門」を建てました。
日本国島根県竹島には、清国から日本人が独立させてくれた記念なのか、「独立門岩」と名付けた岩が有るそうです。
日露戦争では南下したロシアの脅威があり、日本人は当時最強のロシア軍と戦いました。
ロシアと日本は、それ以前に樺太の調査をそれぞれに遣って、御互いにほぼ半数の国民が居住して居た事が解り、樺太をちょうど半分個した歴史が有りました。
ロシアは日本に「朝鮮半島半分個」を持ち掛けていましたが、日本人は朝鮮は独立国だとしてそれを辞退していたのです。なので、何とかロシア勢力を朝鮮・満州領土の植民地化防止し、
朝鮮防衛の為に20万人以上の命が失われ、戦没者は靖国神社に合祀されています。そこには閔妃に依頼されて朝鮮支援に行っていた際に、朝鮮王朝の勢力争いや朝鮮内乱に巻き込まれて虐殺された大勢の日本人達も合祀されています。

139 :名無しさん:2016/12/19(月) 07:32:58.64 ID:M77rFV6e
朝鮮人は、日本人に対して礼儀を尽していた事が有りますか?
朝鮮人は古来ずっと、王朝等の正式文書でも、日本人の事を見下した表現で記述しています。
日本人は、中華大陸の国も朝鮮の国も、正式国名で表記し、その様に言っていましたが、日本人に対してはずっと彼等は見下した言い方でした。
昔の外交でも、朝鮮半島人は日本人に対して、チョッパリ等の蔑称を使っていた人達も居ます。昭和40年代の朝鮮半島系の方によると、「朝鮮」も「韓国」も、共に「日」の漢字が文字の中に入って居て「太陽王」としての地位が有る様な事を仰っていましたよ。
台湾人と日本人は、当時殆どの有色人種の国が植民地支配されていた中で、現地の方々の自律国家経営の為に、教育普及・健康管理・治安維持・環境整備・産業振興・軍事訓練等々の近代国家版を現地の方々自身で出来る様にと支援していました。
朝鮮人は違うのですね。
植民地支配の特徴とは、合併以前から朝鮮人が日本人に対して一方的に遣り続けて来ていた、金品や技術などの強奪・搾取、情報弾圧・強姦・虐殺・詐欺・迫害・機会剥奪、などがある事です。
戦後、朝鮮半島は独立国としての経営維持の為、在日朝鮮人や朝鮮半島系列の所持金や稼いだお金だけでは資金が足りず、
日本人に対して詐欺・ペテンや凶悪犯罪行為で金品や技術等を搾取・強奪し、日本人の取締りの間を潜り抜けてひたすら朝鮮半島に届け続け、朝鮮半島の経営を何とか維持して来ました。
合併反対派トップの伊藤博文を暗殺してまでも、合併しなければ良かったですね。
大韓帝国保護国化後の伊藤博文「合併は甚だ厄介である。韓国は自立を要する…」
李氏朝鮮時代の弾圧者達の虐待や搾取等が強過ぎて、朝鮮人だけじゃ取り締れなかったので、朝鮮を何とか改善したい善良な心を持つ朝鮮人が日本人にも援助を頼んでいたのです。
日本と合併して日本人が協力して李氏朝鮮時代の悪弊を排除しなければ、
★鋸拷問や首枷や当時の世界に名だたる凄まじい拷問が廃止出来なかったかもしれないし、
★人身売買や性奴隷や強姦なども一般的だったかもしれないし、★3割4割は当たり前で10割も有る高利貸業もそのままかもしれないし、
★両班が力尽くで強奪していた庶民の土地もそのまま強奪両班達の物だったかもしれないし
(合併後に調べたら、両班所有地全体の4割近くが強奪地だったので元の正式な持ち主を過去帳で調べて返却させて、
きちっと登録したそうです)(戦後日本で彼等は、李朝時代同様に、日本人に対しても土地を返却させたからと逆恨みして、暴行や虐殺の上強奪して居座っています。
島根県竹島もその一つです。土地・家屋・家宝・権利等を強奪しました。)
★朝鮮人は殆ど全員がハングルをバカにしていたので、ハングルが普及しなかったままだったかもしれませんし(福沢諭吉が、朝鮮人の為に自らの財産でハングル漢字混じり活字を作ってあげたとか)、
★合併前の朝鮮は、一般教育を殆ど遣って居なかった(伊藤博文が普通学校100校程度、朝鮮支援で作って居た)ので、李氏朝鮮のままだったら、現時点での就学率がどうだったか解りませんし、
その他大勢…。
そして<不逞鮮人の汚言葉>でもお読みください。私が、彼等が言うのを直接聞いた、事実です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184245.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184338.html
不逞鮮人「俺達は頭がいい!俺達は不戦勝だ!」その言葉の内容を、御確認下さい。
合併前の日本国政府の見解:「台湾の経営だけで精一杯で、朝鮮までは無理」
日清戦争は、清国は「朝鮮は清国の属国」と主張し、日本は「朝鮮は独立国」との主張で朝鮮独立を懸けて日清戦争を戦いました。
戦後の下関条約第一条の内容は、清国は朝鮮の独立を認めて隷属状態を徐々に排除して行く事、となっています。
朝鮮人は土下座させられていた「迎恩門」を排除し、「独立門」を建てました。
日本国島根県竹島には、清国から日本人が独立させてくれた記念なのか、「独立門岩」と名付けた岩が有るそうです。
日露戦争では南下したロシアの脅威があり、日本人は当時最強のロシア軍と戦いました。
ロシアと日本は、それ以前に樺太の調査をそれぞれに遣って、御互いにほぼ半数の国民が居住して居た事が解り、樺太をちょうど半分個した歴史が有りました。
ロシアは日本に「朝鮮半島半分個」を持ち掛けていましたが、日本人は朝鮮は独立国だとしてそれを辞退していたのです。なので、何とかロシア勢力を朝鮮・満州領土の植民地化防止し、
朝鮮防衛の為に20万人以上の命が失われ、戦没者は靖国神社に合祀されています。そこには閔妃に依頼されて朝鮮支援に行っていた際に、朝鮮王朝の勢力争いや朝鮮内乱に巻き込まれて虐殺された大勢の日本人達も合祀されています。

140 :名無しさん:2016/12/19(月) 07:33:05.95 ID:M77rFV6e
朝鮮人は、日本人に対して礼儀を尽していた事が有りますか?
朝鮮人は古来ずっと、王朝等の正式文書でも、日本人の事を見下した表現で記述しています。
日本人は、中華大陸の国も朝鮮の国も、正式国名で表記し、その様に言っていましたが、日本人に対してはずっと彼等は見下した言い方でした。
昔の外交でも、朝鮮半島人は日本人に対して、チョッパリ等の蔑称を使っていた人達も居ます。昭和40年代の朝鮮半島系の方によると、「朝鮮」も「韓国」も、共に「日」の漢字が文字の中に入って居て「太陽王」としての地位が有る様な事を仰っていましたよ。
台湾人と日本人は、当時殆どの有色人種の国が植民地支配されていた中で、現地の方々の自律国家経営の為に、教育普及・健康管理・治安維持・環境整備・産業振興・軍事訓練等々の近代国家版を現地の方々自身で出来る様にと支援していました。
朝鮮人は違うのですね。
植民地支配の特徴とは、合併以前から朝鮮人が日本人に対して一方的に遣り続けて来ていた、金品や技術などの強奪・搾取、情報弾圧・強姦・虐殺・詐欺・迫害・機会剥奪、などがある事です。
戦後、朝鮮半島は独立国としての経営維持の為、在日朝鮮人や朝鮮半島系列の所持金や稼いだお金だけでは資金が足りず、
日本人に対して詐欺・ペテンや凶悪犯罪行為で金品や技術等を搾取・強奪し、日本人の取締りの間を潜り抜けてひたすら朝鮮半島に届け続け、朝鮮半島の経営を何とか維持して来ました。
合併反対派トップの伊藤博文を暗殺してまでも、合併しなければ良かったですね。
大韓帝国保護国化後の伊藤博文「合併は甚だ厄介である。韓国は自立を要する…」
李氏朝鮮時代の弾圧者達の虐待や搾取等が強過ぎて、朝鮮人だけじゃ取り締れなかったので、朝鮮を何とか改善したい善良な心を持つ朝鮮人が日本人にも援助を頼んでいたのです。
日本と合併して日本人が協力して李氏朝鮮時代の悪弊を排除しなければ、
★鋸拷問や首枷や当時の世界に名だたる凄まじい拷問が廃止出来なかったかもしれないし、
★人身売買や性奴隷や強姦なども一般的だったかもしれないし、★3割4割は当たり前で10割も有る高利貸業もそのままかもしれないし、
★両班が力尽くで強奪していた庶民の土地もそのまま強奪両班達の物だったかもしれないし
(合併後に調べたら、両班所有地全体の4割近くが強奪地だったので元の正式な持ち主を過去帳で調べて返却させて、
きちっと登録したそうです)(戦後日本で彼等は、李朝時代同様に、日本人に対しても土地を返却させたからと逆恨みして、暴行や虐殺の上強奪して居座っています。
島根県竹島もその一つです。土地・家屋・家宝・権利等を強奪しました。)
★朝鮮人は殆ど全員がハングルをバカにしていたので、ハングルが普及しなかったままだったかもしれませんし(福沢諭吉が、朝鮮人の為に自らの財産でハングル漢字混じり活字を作ってあげたとか)、
★合併前の朝鮮は、一般教育を殆ど遣って居なかった(伊藤博文が普通学校100校程度、朝鮮支援で作って居た)ので、李氏朝鮮のままだったら、現時点での就学率がどうだったか解りませんし、
その他大勢…。
そして<不逞鮮人の汚言葉>でもお読みください。私が、彼等が言うのを直接聞いた、事実です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184245.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184338.html
不逞鮮人「俺達は頭がいい!俺達は不戦勝だ!」その言葉の内容を、御確認下さい。
合併前の日本国政府の見解:「台湾の経営だけで精一杯で、朝鮮までは無理」
日清戦争は、清国は「朝鮮は清国の属国」と主張し、日本は「朝鮮は独立国」との主張で朝鮮独立を懸けて日清戦争を戦いました。
戦後の下関条約第一条の内容は、清国は朝鮮の独立を認めて隷属状態を徐々に排除して行く事、となっています。
朝鮮人は土下座させられていた「迎恩門」を排除し、「独立門」を建てました。
日本国島根県竹島には、清国から日本人が独立させてくれた記念なのか、「独立門岩」と名付けた岩が有るそうです。
日露戦争では南下したロシアの脅威があり、日本人は当時最強のロシア軍と戦いました。
ロシアと日本は、それ以前に樺太の調査をそれぞれに遣って、御互いにほぼ半数の国民が居住して居た事が解り、樺太をちょうど半分個した歴史が有りました。
ロシアは日本に「朝鮮半島半分個」を持ち掛けていましたが、日本人は朝鮮は独立国だとしてそれを辞退していたのです。なので、何とかロシア勢力を朝鮮・満州領土の植民地化防止し、
朝鮮防衛の為に20万人以上の命が失われ、戦没者は靖国神社に合祀されています。そこには閔妃に依頼されて朝鮮支援に行っていた際に、朝鮮王朝の勢力争いや朝鮮内乱に巻き込まれて虐殺された大勢の日本人達も合祀されています。

141 :名無しさん:2016/12/19(月) 07:33:13.71 ID:M77rFV6e
朝鮮人は、日本人に対して礼儀を尽していた事が有りますか?
朝鮮人は古来ずっと、王朝等の正式文書でも、日本人の事を見下した表現で記述しています。
日本人は、中華大陸の国も朝鮮の国も、正式国名で表記し、その様に言っていましたが、日本人に対してはずっと彼等は見下した言い方でした。
昔の外交でも、朝鮮半島人は日本人に対して、チョッパリ等の蔑称を使っていた人達も居ます。昭和40年代の朝鮮半島系の方によると、「朝鮮」も「韓国」も、共に「日」の漢字が文字の中に入って居て「太陽王」としての地位が有る様な事を仰っていましたよ。
台湾人と日本人は、当時殆どの有色人種の国が植民地支配されていた中で、現地の方々の自律国家経営の為に、教育普及・健康管理・治安維持・環境整備・産業振興・軍事訓練等々の近代国家版を現地の方々自身で出来る様にと支援していました。
朝鮮人は違うのですね。
植民地支配の特徴とは、合併以前から朝鮮人が日本人に対して一方的に遣り続けて来ていた、金品や技術などの強奪・搾取、情報弾圧・強姦・虐殺・詐欺・迫害・機会剥奪、などがある事です。
戦後、朝鮮半島は独立国としての経営維持の為、在日朝鮮人や朝鮮半島系列の所持金や稼いだお金だけでは資金が足りず、
日本人に対して詐欺・ペテンや凶悪犯罪行為で金品や技術等を搾取・強奪し、日本人の取締りの間を潜り抜けてひたすら朝鮮半島に届け続け、朝鮮半島の経営を何とか維持して来ました。
合併反対派トップの伊藤博文を暗殺してまでも、合併しなければ良かったですね。
大韓帝国保護国化後の伊藤博文「合併は甚だ厄介である。韓国は自立を要する…」
李氏朝鮮時代の弾圧者達の虐待や搾取等が強過ぎて、朝鮮人だけじゃ取り締れなかったので、朝鮮を何とか改善したい善良な心を持つ朝鮮人が日本人にも援助を頼んでいたのです。
日本と合併して日本人が協力して李氏朝鮮時代の悪弊を排除しなければ、
★鋸拷問や首枷や当時の世界に名だたる凄まじい拷問が廃止出来なかったかもしれないし、
★人身売買や性奴隷や強姦なども一般的だったかもしれないし、★3割4割は当たり前で10割も有る高利貸業もそのままかもしれないし、
★両班が力尽くで強奪していた庶民の土地もそのまま強奪両班達の物だったかもしれないし
(合併後に調べたら、両班所有地全体の4割近くが強奪地だったので元の正式な持ち主を過去帳で調べて返却させて、
きちっと登録したそうです)(戦後日本で彼等は、李朝時代同様に、日本人に対しても土地を返却させたからと逆恨みして、暴行や虐殺の上強奪して居座っています。
島根県竹島もその一つです。土地・家屋・家宝・権利等を強奪しました。)
★朝鮮人は殆ど全員がハングルをバカにしていたので、ハングルが普及しなかったままだったかもしれませんし(福沢諭吉が、朝鮮人の為に自らの財産でハングル漢字混じり活字を作ってあげたとか)、
★合併前の朝鮮は、一般教育を殆ど遣って居なかった(伊藤博文が普通学校100校程度、朝鮮支援で作って居た)ので、李氏朝鮮のままだったら、現時点での就学率がどうだったか解りませんし、
その他大勢…。
そして<不逞鮮人の汚言葉>でもお読みください。私が、彼等が言うのを直接聞いた、事実です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184245.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nao_a_jp/10184338.html
不逞鮮人「俺達は頭がいい!俺達は不戦勝だ!」その言葉の内容を、御確認下さい。
合併前の日本国政府の見解:「台湾の経営だけで精一杯で、朝鮮までは無理」
日清戦争は、清国は「朝鮮は清国の属国」と主張し、日本は「朝鮮は独立国」との主張で朝鮮独立を懸けて日清戦争を戦いました。
戦後の下関条約第一条の内容は、清国は朝鮮の独立を認めて隷属状態を徐々に排除して行く事、となっています。
朝鮮人は土下座させられていた「迎恩門」を排除し、「独立門」を建てました。
日本国島根県竹島には、清国から日本人が独立させてくれた記念なのか、「独立門岩」と名付けた岩が有るそうです。
日露戦争では南下したロシアの脅威があり、日本人は当時最強のロシア軍と戦いました。
ロシアと日本は、それ以前に樺太の調査をそれぞれに遣って、御互いにほぼ半数の国民が居住して居た事が解り、樺太をちょうど半分個した歴史が有りました。
ロシアは日本に「朝鮮半島半分個」を持ち掛けていましたが、日本人は朝鮮は独立国だとしてそれを辞退していたのです。なので、何とかロシア勢力を朝鮮・満州領土の植民地化防止し、
朝鮮防衛の為に20万人以上の命が失われ、戦没者は靖国神社に合祀されています。そこには閔妃に依頼されて朝鮮支援に行っていた際に、朝鮮王朝の勢力争いや朝鮮内乱に巻き込まれて虐殺された大勢の日本人達も合祀されています。

515 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)